ごはんとデザイン

あまりにもあたりまえに 毎日食べるごはん 暮らす家 すごす場所 目に映る世界 ちょっとだけ ドロップキックして 見る

FOOD CREATION

TEDxTokyo2013でのfood creationの諏訪綾子さんのスピーチ映像が公開されました。


「食べることは進化すること」

「お金を出せば安全で美味しいものが食べられる、でも・・・」


悲しみのエッセンス

怒りのレシピ

感情を満たす料理

あぁ、この人の料理はとにかくエロいんですよ



 


お皿のうえの小さな世界

Hong Yiは中華系マレーシア人のアーティストです。
彼女の祖父母は60年代の中国文化大革命にマレーシアに亡命し、彼女はそこで生まれ育ちました。

中国での生活や親族の事を聞いても深く考えた事のなかった彼女ですが、大学卒業後に上海の仕事を受けたのを切っ掛けに、 中国の魅力に引かれていきます。

彼女は中国での日々の生活の中からインスピレーションを受け、自分の祖父母が一度逃げざるを得なかった故郷から何を感じたのかを表現し始めました。


francis yeoh
 






























JAY_02 


















彼女は絵の具を使わない画家として有名で、
一ヶ月間毎日一皿 の作品を制作し、31皿をインストグラムで発表しました。

DSC_0915 
















6 























応援お願いします
 

アトリエ フード( Atelier Food) ごはんと社会の静物画

atelier_food1

















アトリエ・フード(Atelier Food)はスウェーデンのフードラボで、誰もが必要とする食事を通して文化、持続可能なエネルギーシステム、都市開発や交通などを考え直す活動をしています。



af_stillife_03


















この作品、Still Lifeは、ストックホルムを拠点に活動するPJADADというデザインスタジオとアトリエ・フードによって作られました。彼らは、誰もが必要な食事には皆が都市のありかた、社会との繋がり方を再認識する力があると考え、太陽光だけをエネルギーに使うレストランなど、様々な実験、ワークショップを開催しています。


lab3_01
























teknikmobilitet























 応援よろしくお願いします
























ポチッとお願いします
アーカイブ
携帯はこちらから
QRコード
  • ライブドアブログ